歯茎ケアしてるの歯茎から出血しちゃった!出血しないようするにはどうすべき!?

歯茎ケアとして、やっぱり重要になるのが歯磨きだと思いますよね?実際、歯磨きをした人しない人で、歯茎の状態に違いがでますから、あながち歯茎ケアとしてはあながち間違ってはいないです。
だけど、歯茎ケアしていてもまれに歯茎から出血してしまうことありませんか?もしかすると歯茎が何らかのダメージを受けているか、病気にかかっているかも知れません。
今回、歯茎の出血する原因と出血しにくいように予防するための予防策を紹介していきます。

歯茎が出血してしまう理由って何?

健康的な歯茎であれば、口内にある下や頬の保護粘膜と同じようにちょっとした刺激では出血が起きません。ではいったいどんな理由で、歯茎から出血しているのかを紹介していきます。

歯茎から出血してしまう理由その1:歯周病

出血の代表的な例として挙げられている歯周病。なぜ歯周病にかかってしまうと、歯茎が出血しやすくなっているのかというと、歯茎の細部に悪い細菌が侵入して、侵入した細菌を退治するため血液内の白血球が動きます。この時体の反応として、腫れや出血がしやすい状態になってしまいます。

歯茎から出血してしまう理由その2:ブラッシング

歯や歯茎などについた汚れを落とすのに、力強く歯磨きをすると歯茎を傷つけてしまい出血させてしまうことがあります。何かしらの病気にかかっているわけでないのに出血が起きることがあれば、ブラッシングによる出血である可能性があります。

歯茎から出血してしまう理由その3:抗凝固剤

心筋梗塞や脳梗塞などの病気のお薬としてだされる抗凝固剤を服用されている方は、歯周病やブラッシングなど関係なく出血する場合があります。
抗凝固剤には、血液が外部へ流れた時などに固まりにくくなってしまい中々出血を止めれない状態になったり、出血をしやすい状態へとなってしまいます。

歯茎が出血ならないようにすべき対処法

もし、何かによって歯茎から出血したときに、出血に対して応急処置ができないでいたら、お口が血の海になってしまうので、これを避けるために歯茎の出血に対する応急処置をご紹介していきます。

歯茎の出血に対する対処法:出血箇所の確認

歯茎が出血して咄嗟に、原因を見つけることができないことが多々ありますよね?。確認のコツとして、歯周病の場合は歯茎が炎症を起こしているため歯茎の縁や歯周ポケットから出血していることが確認できますので、歯周病によって起こった出血の止血をしましょう。歯周病ではない場合は、まず鏡で口を覗いてどこから出血しているか確認して、その箇所の止血をしましょう。

歯茎の出血に対する対処法:止血

1.出血している歯茎を清潔なガーゼで止まるまで、押さえつけます。
2.押さえつけている間、血液を飲み込まないように横向きになって寝ておきます。
3.動いて血圧を上げないように動悸が激しくなる行動は控える

これで止まらない場合は、最寄りの病院で診てもらうようにしましょう。

歯茎の出血が起こらないように予防したい!

対処しないといけないほどまでに歯茎が弱ってしまう前に、今からでも丈夫で健康的な歯茎でいられる様に予防していきたいところですが、実際何をしたら歯茎を健康的にすることができるのかいまいちわからないかと思います。そこで、歯茎の予防ケアをご紹介していきます。

歯茎にいい食べ物で予防!

根ショウガで味のちょい足しつつ、歯茎の予防!

根ショウガには、治癒力を高める効果があるため、歯茎の炎症や出血を治りやすくするのと、炎症と出血しないように予防をしてくれます。

牛乳で歯茎の補強

カルシウムで歯茎を形成している骨がすかすかにならず、出血しにくい歯茎の基盤を作ることができます。また、歯垢からでる酸を牛乳によって、中和されることができるので、歯茎が下がる予防に期待できます。

やわらかい歯ブラシを使用する

出血をしないためにも、予防とは若干異なりますが歯茎が出血しやすい状態であると硬い歯ブラシでブラッシングするだけで、出血してしまうので、歯茎が出血しやすい状態の時だけはやわらかい歯ブラシを使ってあげることが大事になります。

マウスウォッシュで口を清潔に保つ

出血の原因の一つである歯肉炎を歯磨き後のマウスウォッシュすることで、予防するだけでなく歯茎などに付着している細菌を落とすことができます。

歯茎マッサージをする

清潔な手で、歯茎を軽く刺激するようにマッサージをしてあげましょう。歯茎周辺の血行を良くしてあげることで、出血がしにくくなります。

まとめ

今回、歯茎の出血の原因と予防策の紹介はいかがでしたでしょうか?
歯周病や炎症などの歯茎に影響を及ぼす病気で起こる出血を放置してしまうと、歯茎がボロボロになってしまい、永久歯が次々と抜けて丈夫な歯が無くなってしまいます。なので、歯茎の出血が起きないように歯茎予防をしていくようしましょう。

コメント