知っておきたいビタミンCが歯茎にいい理由と不足の影響とは!?

歯茎が下がる現象や歯周病などに、よく歯茎にいいとされる1つの成分として紹介されているビタミンC。ネットのまとめ掲示板や知恵袋などでも多くの歯茎の下がる悩みや歯茎の病気などの予防策としても多く見られますよね?ですが、実際ビタミンCが何故歯茎の下がる現象や歯周病などの予防として良いとされているのか、そしてビタミンCが不足している時の影響などを紹介していきます。

そもそもビタミンCとは何なの?

歯茎の良い成分とされているビタミンCですが、そもそもビタミンCってよく聴くけど、ニュース番組のちょっとした情報や、新聞や雑誌などの情報ぐらいで、ビタミンCのことって知らないことが多いはずです。そこで、歯茎のいいとされているビタミンCについて基本的な話をしていきます。

ビタミンCは、水に溶けやすい水溶性ビタミンとされています。主に、病気やストレスに対する抵抗力を上げたり、鉄分の吸収をよりしやすくなったり、また抗酸化作用があるため、動脈硬化や疾走患などを予防するにも役立つ成分になります。

ビタミンCは何故歯茎にいいと言われているの?

健康維持の役割を持っているビタミンCは、歯茎の下がることや歯茎の病気(歯周病)などに何故いい成分とされているのか紹介います。

歯周病や歯茎の下がる時にコラーゲン線維が分解され弱ってしまうのですが、歯茎にいいとされるビタミンCは、弱っている歯茎のコラーゲン線維の再生能力を高めてくれて、しっかりとした歯茎になるよう再生しやすくなるので、歯周病や歯茎の下がる状態を予防するのに役立つ成分なのです。

ビタミンCが足りないと歯茎にどんな影響があるの?

歯茎の下がる状態や歯周病を予防するのに役立ってくれるビタミンCがもし不足してしまったら、歯茎や骨などの組織の病気「ビタミンC」欠乏症になってしまいます。

ビタミンC欠乏症について

ビタミンC欠乏症は、歯茎や骨などの組織に異常が起こってしまう病気なのですが、歯茎に関係している症状がこちらになります。

  • 歯茎が弱って歯を支えられない
  • 歯が抜けてしまう
  • 歯茎が垂れ始める
  • 歯茎が傷つきやすくなり血が出てしまう

永久歯が抜けてたり、歯茎が弱ってぐらぐらするなどはほぼほぼ起こることはないでしょうが、軽く歯磨きしただけで血が出てしまうなんてことがあるなら、ビタミンC欠乏症かもしれませんね。

ビタミンCをどのくらい摂取すれば歯茎にいいの?

歯茎や歯茎以外の部位にいいとされるビタミンC自体は、体内で生成することができない成分のため基本的に、食べ物から摂取することなります。歯茎の調子を悪くしないためとより歯茎の調子よくするためにどのくらいビタミンCを摂取すればいいかというと、成人だと大体100mgを目安にするといいとされています。

また、ビタミンCを摂り過ぎてしまうとビタミンCの吸収率自体が低下してしまうため、体内に吸収されず歯茎などにビタミンCが行き渡らないなんてことがあります。吸収されなかったビタミンCは尿に流されて体外にでてしまいます。

ビタミンCを補うためには?

上記で、体内でのビタミンCの生成はできないと言いましたけど、では歯茎の下がる状態や歯周病などを予防するのに役立つビタミンCを摂取するには、食べ物から摂取することが、手っ取り早くビタミンCを摂取することができますので、歯茎にいいビタミンCを補える食べ物を紹介したいと思います。

歯茎のためにビタミンCを補える食べ物その1

アセロラやグァバ茶などビタミンCが豊富な食べ物がありますが、これらは普段から手に入りやすい食べ物ではないため、紹介はしません。
そこで、日本で手に取りやすい食べ物で、歯茎にいいビタミンCを含んだ食べ物を紹介させていただいきます。アセロラやグァバ茶の次ぐらいにビタミンCが豊富な食べ物それは、「ゆず」です!

ゆずは、日本での生産量と消費量が多く、歯茎にいいビタミンCを豊富に含んでいる食べ物なんです!そして血行促進にいいとされるリモネンやミネラル吸収をよくするといわれるキレート効果があるクエン酸など、歯茎だけでなく他の体の箇所にもいい成分を含んでいます。

歯茎のためにビタミンCを補える食べ物その2

次の歯茎にいいビタミンCを多く含んでいる食べ物は、「赤ピーマン」です!
赤ピーマンは、通常の緑ピーマンを完熟させて栄養素の違いをだした野菜になりますが、他の色のピーマンや食べ物より多めの1個170mgとビタミンCが含まれています。ビタミンCだけでなく「ビタミンA」「ビタミンE」「ビタミンB6」などを他の色のピーマンより少し多めに含んでいます。

アセロラやグァバ茶に比べて、赤ピーマンも手に取りやすい食べ物であるため、とてもオススメの食べ物だと言えます。

まとめ

歯茎にいいだけでなく、体全体において、良い影響をあたえてくれるビタミンCは、いい影響がある分不足して、不足してしまった時に起こるビタミン欠乏症から派生して歯肉炎や歯茎が下がるなどの悪影響があると認識するようにしましょう。そうすることで、ビタミンCを定期的に補うように心がけることも容易になりますし、何より歯茎の調子や体全体の調子を管理しやすくなります。

また、不足ならないよう紹介した「ゆず」や「赤ピーマン」、他のビタミンCが摂取できる食べ物で、ビタミンCが不足して歯茎の下がる状態や歯周病などにならないよう予防していきましょう!

コメント